ESP32 DevKitCをブレッドボードで扱いやすくする

ESP32 DevKitCはボードそのものは使いやすいが、幅が広く、ピンヘッダが太いためブレッドボードでのプロトタイピングには向かないようだ。そこで、2列のピンソケットを使ってブレッドボードと簡単に接続できるようにしてみた。手順は以下の通り。
  1. 2列のピンソケットをESP32 DevKitCのピンヘッダと同じ長さだけ切り出す。

  2. ピンを短く切る。

  3. 内側に折り曲げてはんだ付けし、2列の隣り合うピンをショートさせる。

  4. ESP32 DevKitCのピンヘッダに取り付ける。

ブレッドボードとジャンパ線を使って繋げられるようになった。ブレッドボードに直接挿した場合と違い、必要なポートのみ引き出せるため、配線自由度が高い。

コメント

このブログの人気の投稿

WindowsのIMEの状態をLEDで表示するガジェット

油入式フライバックトランスの製作

CW回路で「10まんボルト(100kV)」を撃つ