投稿

8月, 2018の投稿を表示しています

CW回路で「10まんボルト(100kV)」を撃つ

イメージ
ご注意言うまでもないですが、感電すると非常に危険です。電気について知識の無い方はやらないでください。実践される場合は自己責任でお願いします。安全対策についても記載しておりますが、筆者は所詮素人なのでこれで正しいかは保証できません。よく勉強して十分な安全対策を施してください。固定の配線や設備を敷設したり弄ったりせず、持ち運び可能な機材を用いて自宅等で個人的に実験する限りは法的な問題は無いと思われますが、この範囲を超える場合、電気工事士の資格や消防への届け出が必要となる場合があります。ご自身でよく確認してください。100kVレベルのスパークは爆竹のような大きな音がします。近隣の迷惑にならないよう注意して下さい。 背景 始まりはこのツイートでした。
空中放電が見たい — シャポコ🌵 (@shapoco) 2018年5月11日 始めはただ小さなスパークを見て面白がっていたんですが、そのうちエスカレートして「10まんボルト」を超えるのが目標の1つになっていました。詳細を追いたい方は Twitterモーメント を御覧ください。
10万ボルトを作る方法 さて、10万ボルトを作る方法はいくつかあるわけですが、比較的簡単にやれる方法としては「テスラコイル」「マルクスジェネレータ」「コッククロフト・ウォルトン回路」あたりでしょうか。
テスラコイル テスラコイルは空芯式の共振変圧器です。回転式のスパークギャップや半導体を用いて1次コイルを駆動し、2次コイルと浮遊容量で共振を起こすことで、高周波・高電圧が得られます。製作にはノウハウが必要となりますが、放電は派手で、様々なパフォーマンスにも用いられます。 マルクスジェネレータ マルクスジェネレータは、高圧直流電源に抵抗・コンデンサ・スパークギャップをハシゴ状に繋いだ回路を接続するものです。抵抗を介してコンデンサが充電されていき、一定の電圧を超えるとスパークギャップを介して全てのコンデンサが直列に繋がって高電圧が生まれます。高圧直流電源にはCRT用のFBTなどを流用することができます。コンデンサの充電に時間がかかるため、スパークは散発的になります。実施例としては YouTubeにたくさん動画があります
コッククロフト・ウォルトン回路(CW回路) CW回路は交流電源にダイオードとコンデンサをハシゴ状に繋いだ回路を接続するものです。交流…